矯正歯科

患者さまにとって最適なメニューをご提案いたします

むろふし歯科・矯正歯科では、患者さまのご要望や症状に合わせ、数あるメニューの中から最適なプランをご提案いたします。
見えない矯正治療(最新のインビザライン)や従来からのワイヤー(白い物を使用)を使った治療、子供さん向け治療(プレート、ムーシールド使用)など様々なメニューをご用意していますので、まずはお気軽にご相談ください。

受け口(反対咬合)と矯正

受け口とは、上下の歯が反対に咬み合っている不正な咬合状態のことを言います。原因としては、上下の顎の骨の位置がズレ、歯の傾き具合の異常、上下顎骨の大きさの異常などがあります。受け口を放置すると見た目だけで無く、歯と歯が異常な位置でぶつかり合い、歯が削れたり、骨の中に炎症が起こり、歯肉が退縮し歯根が露出することもあります。治療法としては、上下顎の噛み合わせの位置がズレている場合は、小児科の早期治療が効果的で、フレンケル装置(右図)などを用い治療します。フレンケル装置は、プレートにより頬や舌による圧を排除し、顎の発育を促したり抑制する役割を持っています。また、歯の傾きや上下顎骨の大きさに異常がある場合は、歯を抜いたり顎の骨を切断する手術が必要になります。早期治療により、口腔周囲筋のバランスを整え、良好な成長発育を助けることが、有効な治療法であると考えられています。

八重歯(叢生)と矯正

歯並びについての欧米と日本との受け止め方の違いに「八重歯」があります。日本では愛らしいチャーミングポイントとして好まれがちですが、欧米では吸血鬼のようだとして快く思われません。八重歯は顎の大きさと歯の大きさの不調和により生じ、歯磨きがうまく出来なかったり、咬み合わせがズレたりするので虫歯や歯肉炎を引き起こす原因になります。美意識、健康志向の高まりから、最近では八重歯を矯正する人が増えています。成人してからの八重歯の矯正治療は、抜歯が必要になります。八重歯自体は抜かず、正常な位置に戻すことを阻んでいる歯のみを抜歯します。小学校低学年から治療をすれば、抜歯せずに歯並びを整えることが出来ます。八重歯の受け止め方に違いはあっても、歯並びの美しさという点では万国共通です。八重歯のある方は、きれいな歯を長く保つためにも、矯正治療がお役に立つと思います。
近年では、肺炎、心臓病、糖尿病、早産といった病気のリスク原因になることがわかっています。むし歯と同様、定期的検診により、早期発見・早期治療が肝要です。

矯正治療の疑問について →もっと詳しく!